雑談

暑さ対策

今年の夏は全国で猛暑になっており、7月には埼玉県の熊谷市で「41.1℃」を記録しました。

 

 暑いときに怖いのが、脱水症状や熱中症です。

 

 以前、脱水症状の対策として、経口補水液の飲み方を薬局で聞いたことがあります。経口補水液は、脱水症状を早期に発見するための飲み物で、普段はおいしい飲み物ではありません。もし、経口補水液を飲んだ時においしいと感じた方は、脱水症状になりかけている可能性があります。そのまま経口補水液を最後までゆっくりと飲み干してくださいとのことでした。

 

 また、熱中症対策として日傘が男性にも浸透してきています。直射日光を遮るだけでも、体感温度を3~7度下げてくれるそうです。屋外に出かけるときには日傘もご検討いただければと思います。

 

 脱水症状や熱中症には十分にお気を付けください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください