人事・

平成28年10月1日から社会保険の加入対象が広がります  ~「130万円の壁」から「106万円の壁」へ~

パートタイムやアルバイトとして働いている方は、平成28年(2016年)10月1日から厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入要件が、これまでの「週30時間以上労働」から広がります。

 

◆加入対象が「週20時間以上」働く方などに広がります。

 

 日本に住む20歳以上の方や、一定の条件を満たす条件で働く方は、公的年金制度(国民年金や厚生年金保険)と医療保険制度(健康保険など)に加入することになっています。
 このうち、企業や団体などに雇用されて働く職員など「被用者」を対象とする厚生年金保険や健康保険を「社会保険」といいます。
 この社会保険の適用範囲が、平成28年10月1日から拡大されます。

 

                    (参考 政府広報)

 

◆社会保険チェックシート

 

 次に当てはまる方は、社会保険の新たな加入者である可能性があります。

 

                             (参考)厚生労働省

 

※平成31年10月以降、従業員500人以下の企業も、対象の予定となっています。

 

◆社会保険のメリット・デメリットは?

【メリット】

(1)将来もらえる年金が増える。
(2)障害がある状態になり、日常生活を送ることが困難  になった場合なども、より多くの年金がもらえる。
(3)医療保険(健康保険)の給付が充実する。
(4)会社負担分があるため、現在ご自身で国民年金保険  料・国民健康保険料を支払っている方は、今より保険  料が安くなることがある。

【デメリット】

(1)夫や妻の配偶者(健康保険の被扶養者及び国民年金  第3号被保険者)であった場合、新たに健康保険料、  年金保険料を負担するため、給与の手取額が減ること  となる。

(2)家族の子(健康保険の被扶養者)であった場合、新  たに健康保険料を負担するため、給与の手取額が減る  こととなる。
(3)夫等の会社から家族手当が出ていた場合、家族手当  が支給されなくなる可能性がある。
(4)加入者の範囲が拡大されるため、会社負担保険料が  増加する。                

 

◆「配偶者控除の廃止」と「夫婦控除の創設」も検討

 新たな制度の創設により、専業主婦(夫)やパート主婦(夫)の働き方に、大きな変化をもたらすものとなりそう です。   

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。